南海放送が盲学校へ点字の番組表を贈呈

南海放送プレスリリースより引用

南海放送株式会社(愛媛県松山市、代表取締役社長 大西康司)は、目の不自由な人たちにラジオ番組をより楽しんでもらおうと、1992年から毎年春と秋の年2回、ラジオの点字番組表を発行しており、今年で30年目を迎えます。

番組表は、県内各自治体の福祉センターをはじめ、県外6ヶ所を含む計46ヶ所の学校・施設ならびに個人の方に、およそ400冊お送りしています。
今年度は7月8日(木)に、これらの施設を代表して愛媛県立松山盲学校で南海放送ラジオ点字番組表贈呈式を行い、生徒会長の倉本祐一朗(くらもとゆういちろう)さんらに2021年春版の点字番組表が贈呈されました。

また式の後、ニュース原稿の読み方や発声方法などを学ぶ体験教室が開かれ、南海放送のアナウンサーと楽しい時間を過ごしました。

なお点字番組表の発行は、1995年から松山市萱町の「大一ガス株式会社」様にご協賛いただいています。
このラジオ点字番組表をご希望の方は、南海放送メディアセンター(電話 089-915-3825)までお問い合わせ下さい。
https://www.rnb.co.jp/press/node/012164.php

30年間続くこの取り組みは素晴らしいですね。
目の不自由な方とラジオはとても親和性があります。是非長く続けていただきたいですね。