人気声優がラジオ愛を語る!「別冊声優ラジオの時間 ラジオ偏愛声優読本」発売

内容情報

(出版社より)
ワンテーマで声優ラジオをより深く掘り下げる『別冊声優ラジオの時間』第2弾は
「パーソナリティ」ではなく、「リスナー」視点の一冊。
声優のリスナーとしての“ラジオ偏愛”をロングインタビューで徹底解剖します。


■工藤晴香「声優だってリスナーだ。」
■神谷浩史×鶴間政行「『意味ねぇ!くだらねぇ!』の哲学」
■小野大輔「軌跡と奇跡」
■藤田茜「にわかの流儀」
■加隈亜衣「遅れてきたラジオ偏愛生活」
■小林千晃「ラジオから教わった声優道」
■桑原由気×大島育宙「芸人ラジオヘビーリスナー対談」
■YURiKA×会沢紗弥「元ハガキ職人対談」

■伊福部崇を囲む座談会「声優ラジオの過去・現在・未来」
伊福部崇×永井和幸(『アニラジグランプリ』元編集長)×村上謙三久(本誌編集人)

<特集>
ラジオがあるから今がある

■洲崎綾
「林原めぐみさんのラジオを聴いてなかったら、声優に興味を持ってなかったかもしれません。
めぐさんが好きすぎて、『この人と同じ仕事をしたい!』というのが、出発点だったと思います」

■松嵜麗
「小森まなみさんに出会ってなかったら、人の痛みがわかる人でもなかったかもしれません。
小森さんのラジオを聴いてから、人は考え方ひとつで変われるものだとわかりました」

■青木佑磨
「正直、その頃のポアロは本当にどうかしていたというか。
『この人たちが喋っていることの面白い理由を全部知りたい』と思いました」

<巻末企画>
中村繪里子「ラジオの愛し方」