自然音とクラッシック音楽を組み合わせたラジオ(チャンネル)が登場!OTTAVAの提唱するラジオの可能性とは

プレスリリースより

2007年開局、日本でただひとつのクラシック音楽専門ラジオOTTAVA(https://ottava.jp)は、コロナ禍でのステイホーム、在宅ワークから生まれるストレスからの解放と癒しをお届けする、クラシック音楽と自然音のミックスゾーン「HARMONIC SCIENCE‐奇跡の自然音」を1日14時間編成し、本年3月15日(月)よりスタートします。
併せて、リスナーが聴くだけでなく、経営などにも参加する「市民ラジオ型」モデルのステーションを目指し、再始動します。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000075183.html

筆者も早速聴いてみたが、森の中に居るような野鳥の音が流れ続けていて、しばらくするとクラシックの音楽が流れてくる。
もちろんトークは一切無くBGMとして心地よい。
個人的には自然音をメインにして、薄くクラシックが聴ければ良いと思う。
この辺はインターネットラジオだからこそ、各音のバランスが調整できるなどのシステムがあれば面白いかもしれない。

なお、生活の中に自然音を取り込むことにより
「会議の時間が20%短くなる」
「胎教に有効」
「睡眠の質が向上する」
「スキンケアに効果がありアンチエイジング対策になる」
といった効果があるそうだ。

OTTAVAより引用

多チャンネル化だからこそできるこういった取り組みが今後も出てくることを望んでいる。

OTTAVA