リリース前の曲が届くHit DiscはFM局では定番のCDライブラリーだった。

アメリカやヨーロッパの最新音源が詰まったCD(オムニバス盤)をラジオ局向けに配布していたHit Discをご存知だろうか?
まだリリースされていない音源が収録されたいわば業務用のCDで、最新の音源を流す洋楽番組などでは定番のCDライブラリーとなっていた。

リリース前の曲がラジオでオンエアされるのは、洋楽に限ってはこのHit Discがあったからである。

なお、邦楽にはこのようなサービスは無く、リリース前の曲に関しては各レコード会社のプロモーターが持参するサンプルCDが使われていた。

様々なジャンルの音楽を収録

筆者は技術系で仕事をしていたのであまり詳しくは覚えていないがAC、CHR、カントリー、HIPHOPなど様々なジャンルの音源が1枚のCDに収録されていて、ディレクターたちはこぞって番組に使用をしていた。
ただ、CDの品質(CD-Rだった?)が良くなく音飛びが多発するなど、生放送で使う際にはちょっとヒヤヒヤしながら使っていたのを覚えている。
そんなこともあって正式版がリリースされると、Hit Discは徐々に使われなくなるのだが、局のライブラリーで貸し出し中のこともあるのでかなりの枚数が保管されていた。

またHit Discとは別に往年の名曲を集めたGOLD DISCというのもあったと記憶している。
既に廃盤になってしまったような曲が収録されていて、GOLD DISCにしかない曲もあって重宝をしていた。

アメリカで専門の会社があって国内の代理店を経由して頒布されていた

このHit DiscとGOLD DISCだが、レコード会社が作っているのではなく、アメリカのジングル制作会社のTM CENTURYが制作し日本国内の代理店を経由して販売をしていた。
TM CENTURYがどのように音源を入手していたのかは不明だが、個人のディレクターでも契約でき、毎月届くシステムだったと記憶している。

TM CENTURY以外にもアメリカではRadio Expressなどが同様のCDをリリースしていた記憶があるが、調べた限りでは現在はやっていないようである。

今はもうやっていない?

筆者は既に放送局に出入りしなくなって10年以上経つので事情はよくわからないが、配信が全盛になった現在、もはやこのようなサービスは無くなってしまっているのではないだろうか?
近いうちに知り合いのディレクターに聞いてみようと思う。

なお、メルカリなどのフリマアプリでHit Discが大量販売をされているのを見かけるので、数年前まではあったのかもしれない。

しかし正規品のCDではないとはいえ、101枚で6800円送料込みは安い。。。