全く新しいラジオのカタチ?iTunesで聴くラジオ

4月の番組改編直前、続々とジングル制作の依頼が入ってきている当社であるが、北海道の業界関係者からiTunesで聴けるラジオについて質問があった。

「iTunesで聴けるJ-POPの番組は誰が作っていて、権利はどうなっているのか知っている??」という質問だ。

インターネットラジオといえば大手ラジオ局が参加しているradikoとコミュニティFMが配信しているサイマルラジオがある。
それぞれ著作権はJASRACなどと包括契約をしていて普通に音楽をかけることができるが、それ以外のネットラジオ(例えばポッドキャスト)では権利上音楽をかけることはできない。
個人や企業で作るYouTubeの動画でも著作権の関係でCDなどの音楽を使うことはできなくなっている。

iTunes RADIOは音楽がガンガンかかる

質問のあったiTunes RADIOは音楽がガンガンかかる。
恐らくAppleジャパンが制作し、著作権問題をクリアしていて配信しているのだろう(間違っていたらご指摘願いたい)。
番組もiTunesで聴ける音楽のプロモーション的なもので制作しているのではないだろうか?

もちろん制作にはプロの制作会社が関わっているようで、番組の構成もクオリティも大手のラジオ番組と変わらず聴きやすい。
これはradikoでもない、ポッドキャストでもない、新たなネットラジオと言えるかもしれない。

番組のDJ落合健太郎さんのツイートより