これもラジオの一つ。高速道路で聴くハイウェイラジオ

AMラジオの1620KHzといえば高速道路の情報を24時間放送してるハイウェイラジオである。
カーラジオに専用のチャンネルスイッチが一般道ではノイズまみれで何も聞こえないが、高速道路の放送エリアに入ると渋滞情報、故障車の情報などを放送している。

音声は合成音声

高速道路の交通情報を24時間放送しているハイウェイラジオだが、一般的なラジオの交通情報のように道路交通情報センターの人がしゃべっているのではなく、全て合成音声によるもの。
NEXCO東日本のサイトによると5000以上の単語を組み合わせて60秒前後のナレーションに仕上げて放送しているそうだ。

放送内容は、道路管制センターへ集約された情報をもとに、あらかじめ録音された単語をプログラムでつなぎ合わせて自動的に作成しています。コンピューターに登録されている単語は約5,000語にも上ります。

基本的な放送時間は60秒ですが、事故等が発生しお伝えする内容が多くなると120秒に延長し、内容は5分おきに更新されます。何も事象がない時や放送時間に余裕があるときは通行止めの予告や交通マナー等に関するご案内を放送しています。
NEXCO東日本より引用

一部のハイウェイラジオではベリカード(受信確認証)を発行している

全てではないが一部のハイウェイラジオでは受信報告書を担当の事務所へ送ると、ベリカードや紙面で返送してくれるところもあるようだ。
このベリカード欲しさにわざわざ受信をしに遠方の高速道路へドライブをする人もいるほどである。
また電波の状況によっては、遠距離受信できることも多く自宅で遠方のハイウェイラジオを受信し、受信報告書を送る人もいる。

下記のように旅行の思い出になるというのも良いですね。

ながら聴きできるラジオだからこそのサービス


高速で運転中にカーナビなどを見るのは大変危険だが、カーラジオであれば耳から情報を受け取れるので運転中の情報取得には理にかなっている。
合成音声だからこそできる速報性も優れている。

そんなハイウェイラジオだが、カーナビやITが普及しても、これだけはしばらく残るような気がする。
音楽も楽しいトークも無いラジオだが、高速道路を走ったときは意識して聴いてみて欲しい。