街中でラジオを聴くことが少なくなった①

みなさんは普段、どこでラジオを聴きますか?
車の中、自宅、飲食店などなどラジオを聴く場所やシーンは様々だが、やはり一番多いのは車の中ではないだろうか?

街中でラジオを聴くことが減った?

昔(昭和の頃)は街中でラジオが聴こえてくることがあった。それは商店街などを歩くとお店がBGMとしてラジオを流していることが多かったこともあり、比較的ラジオに触れる機会があったのだ。
そういった中でお気に入りの音楽や番組を見つけることもあった。

街中から消えたラジオ

筆者が今でも街中でラジオを聴く機会は、今のところ理髪店だけである。お気に入りの理髪店のBGMは常にTOKYO-FMで、たった数十分の滞在だが待ち時間はスマホをいじりながら耳はBGMのラジオを聴いている。
理容師さんたちも、静かな店内で耳から入るニュースや旬の話題などの情報が取れてBGMとして最適なのだと思う。特に地震などが発生したときなどは、生放送の多いラジオは情報収集にはとても優れている。
これは以前記事にした建設現場で働く人も同様であろう。
≪関連リンク:ラジオは車内だけじゃない!意外と聴かれている場所とは!?
だが、上記の理髪店以外で街中でラジオを聴く機会がほとんど無くなった。以前はなじみのラーメン店で文化放送が流れていて、店内の雰囲気にマッチしていてとても良かったのたが残念ながら数年前に閉店してしまった。

自宅にラジオが無い人が増えた

これを読んでいる読者の方で自宅にラジオ(受信機)が無い人はどれくらいいるだろうか?防災袋の中に入っている人はいるかもしれないが、普段使いの家電としてラジオを所有している人は少なくなったと思う。
筆者も所有しているアマチュア無線機で受信は可能だが、ラジカセやミニコンポなどは持っていない。
普段多くラジオに触れる機会はもっぱら車の中のカーラジオくらいだ。家の中でラジオを聴くのはスマートフォンやパソコンとなっている。

家庭の中でノイズを発生する機器が増えたこともあって、年々ラジオを受信する環境は厳しくなっている。特にAMラジオはノイズに弱く、都会の集合住宅などでは窓際にラジオを持っていかないとほとんど聞こえない。
そのような事情もあり、苦労をしてまでも電波で聴くことが無くなってしまったのだと思う。何より手軽にクリアな音質でラジコで聴けるのだから。。。

では、なぜ街中からラジオは減ったのだろうか?ラジコで流すことも可能な時代に、BGMとして使われなくなったラジオについて次回書いてみようと思う。