ラジオ版の24時間テレビ ラジオチャリティーミュージックソンが今年も放送

ニッポン放送から全国11局ネットで放送しているラジオチャリティーミュージックソン。
毎年12月24日の正午から12月25日にかけて放送され、クリスマスの定番番組となっています。

耳の不自由な人に音の出る信号機を

「耳の不自由な方へ音の出る信号機を!」をキャッチフレーズにリスナーへ募金を呼びかけ、障害者への理解と思いやりの心を伝える番組だ。
今年で46年目という長寿番組で毎年人気の芸人、俳優、アイドルがパーソナリティーを務め、今年は昨年に続きジャニーズのKis-My-Ft2が担当している。

耳で聴くラジオだからこそできるチャリティー番組としてとても理にかなっており、素晴らしい取り組みだと思う。

全国に協力店があり募金箱を設置

この番組への募金は銀行振込みやクレジットカードなどでも行えるが、身近なメディアであるラジオらしく、全国各地にボランティアで協力している商店街やお店があって直接募金箱に募金ができるようになっている。
来年1月末まで募金は受付けしているので、募金箱を見かけた方は是非ご協力ください。

またスマートフォンからも手軽に募金できるようになっています。
詳しくはミュージックソンのオフィシャルウェブサイトよりご確認ください。
https://www.1242.com/musicthon2020/

昨年まででトータル46億7千万円の募金


この番組で集まった募金は昨年までで46億7千万円となり、全国に3245基の音の出る信号が設置されています。全国の音の出る信号機の約20%がこの番組の募金からによるものとのこと。

今年はコロナ渦での番組となり直接ニッポン放送や各ネット局への募金の持ち込みは中止されているが、番組は変わらず放送されている。
私も微力ながら協力をしようと思う。

関連リンク:JVCケンウッドの新製品ラジオと生産終了した名機のご紹介