JVCケンウッドの新製品ラジオと生産終了した名機のご紹介

JVCケンウッドよりスタイリッシュなホームラジオが発売されたのでご紹介したい。

Bluetooth搭載でスマホやタブレットとの連携


JVCケンウッドのRA-C80BT-B。
昨日、家電量販店に行く機会があったので実物を見てきたのだが、コンパクトな筐体に様々な機能が詰め込まれた機種で、ラジオというよりはスマートスピーカーのような感じであった。
今では当たり前となった、Bluetoothが搭載されていてスマホやタブレットの音楽を楽しめるのはもちろん、LINE入力端子も付いているので手元スピーカーとしての役割もできる。

また最近のラジオの特徴として受信性能が昔に比べて格段に良くなっている。
家電量販店の店内だったのだが、ワイドFMはもちろん、AM放送も綺麗に受信ができていてこれだったら家庭内で使うのに問題は無いだろう。また乾電池でも駆動するので、キャンプなどのアウトドアで活躍することも間違いなしである。
ラジオはお年寄りが聴くものというイメージもあるが、このスタイリッシュな形状は若い人にも受け入れられる良い機会になればと思う。

お年寄りにオススメの機種はこれだ!


せっかくなので、家電量販店に並んでいて筆者が気になった製品をもう一つ紹介しようと思う。
それが写真のツインバード工業から発売されている3バンドラジオAV-J127S。既に生産を終了してしまっているので、ご両親などにプレゼントするのであれば是非買っておくと良いだろう(画像をクリックで楽天市場へリンク)
わかりやすい表示に大きな液晶画面、こちらもワイドFM対応でテレビの音声も聴けるという優れもの。
また受信性能も抜群で、何より音質が良いのには驚いた。乾電池駆動なので災害時のラジオとしても威力を発揮するだろう。
Bluetoothなどの最新機能は無いが、ラジオが聴ければ良いお年寄りにはとても合致している商品だと思う。

残念ながらツインバードからは後継機種が発売されていない。かゆいところに手が届くツインバードさんには再びよいラジオを作ってくれることに期待したいところである。