ラジオ局に就職するには?~放送局社員編~

このサイトを見ている人の中にはラジオ局に就職を希望している学生さんもいることだろう。
今までの記事では結構ネガティブなラジオ業界の事を書いてしまっているので、この業界に就職するのは迷っていまうかもしれないが、仕事は夢があって楽しいので是非飛び込んできて欲しい。

ラジオ局に就職するには4大卒が条件

ラジオ業界で働くとしてまず思い浮かぶのは放送局への就職だろう。
放送局という分類の中でラジオ局は、テレビ局とは違い採用人数が少ないのが実情だ。地方によっては放送局への就職は人気があるので狭き門になっていることもある。

まず前提条件として放送局(NHKや民放連に加盟している大手ラジオ局)のほぼ全てが4大卒が条件となる。※一部例外あり
つまり放送局へ就職をするのであれば4年制大学の卒業資格が必須。理系でも文系でもかまわないが放送局へ就職したいのであれば大学は卒業しておこう。

※技術職などは無線技術者の資格があれば短大、専門学校卒でも採用されることもある。

地方局は何でもやる、大手では現場の仕事は無い可能性も


ラジオ局の仕事として一番に思いつくのがスタジオなどに出入りする番組制作の現場だろう。
アナウンサーや技術職で採用された場合は入社後すぐに現場に行くこともあるが、一般職で採用された場合は番組制作の現場に行けるとは限らず、営業職や総務などの事務職に従事することがある。
せっかくラジオ局に就職したのに番組制作に関われないということは多々あるのだ。
だが、それはそれで良い経験だと筆者は思っている。番組が電波になってリスナーへ届くまでにどれだけの人が関わっているかを知るには、事務職をやってみて初めてわかることで、まずはそういった部署を経験してから現場に行くのはとても良いことだ。

また首都圏はもちろん、大都市圏のラジオ局の場合、局の社員として採用されても番組制作としての現場に出入りするような仕事が無い会社もある。
首都圏などの大手ラジオ局では番組制作や技術の仕事の多くが外部の制作会社へ委託されており、放送局の社員はプロデューサー的な立場となってデスクワークのみということもある。番組の企画書のチェックや出演者やゲストなどのブッキング、予算の管理などが主な仕事となる。
首都圏でラジオ番組のディレクターやミキサーを目指すのであれば、制作会社や技術会社へ就職するのが良いだろう。

地方局では事情が違う

なお、地方局では事情が変わってくる。
基本的に何でもやるのが地方局の社員だ。ディレクターとしての番組進行はもちろん、作家として原稿を書いたり、スポンサーへの営業提案のために営業部の社員と同行してプレゼンをしたりもする。
またちょっとした告知などのCMではナレーターとして原稿を読むこともあったりと、とにかく人材の少ない地方局の制作の現場はなんでもできないと仕事にならないのである。

とまあ、いろいろと書いてしまったが共通して言えるのはやはり現場の仕事は楽しいということ。
リスナーとして聴く立場から、番組制作スタッフとして発信する立場は全く違う。収入減などラジオ局にとっては厳しい時代が続いているが、昔も今も現場で働くラジオマンの番組にかける思いは変わっていない。是非この業界に入ってきてラジオの素晴らしさを経験して一緒に働こうではないか。