番組も細分化が必要か!?江戸時代をテーマにラジオがNHKでスタート

ORICON NEWSによると

スタジオまるごとザックリ170年、江戸時代にタイムスリップ。人気講談師の神田伯山、日本史を題材にした楽曲で人気のレキシによるラジオ番組『江戸ラヂヲ』が、NHKラジオ第1で1日(後6:00~6:55)、NHK FMで2日(後9:00~9:50)に放送される。
昨年8月にラジオで放送された『江戸ラヂヲ』が帰ってくる。江戸のヒットチャート、風習・風俗などの江戸文化を、川柳や浮世絵を足がかりに等身大で楽しむバラエティー。人気講談師の神田伯山、日本史を題材にした楽曲で人気のレキシ、日本史教師も夢だったという山本彩が出演する。
引用:ORICON NEWS

YouTubeが人気の理由の一つに、カテゴリが細分化していることがある。ボカロ、ソロキャンプ、ゲーム実況、釣り、ガーデニング、、、などなど特定の分野に特化したコンテンツがチャンネルとして存在し、それぞれに興味を持った方に人気がある。
以前で言えばスカパーの専門チャンネルがそれであったが、有料かつ放送という性質もあって限定的であった。

ラジオ放送における特化した番組

画像はイメージです。

では、ラジオではどうだったかというと、特化した専門チャンネル(専門局)というのは存在しない。アメリカのように音楽のジャンルに分かれた専門ラジオ局があるわけでもなく、どちらかというと番組単位では存在しているといった感じだ。例えば、ラジオと相性の良い車(カーライフ)に特化した番組、映画紹介の番組、地元Jリーグチームの番組、株式の番組などは特化した番組だ。
また野球やサッカー、競馬などのスポーツ中継の番組も特化した番組と言えるだろう。

江戸時代をテーマにした番組

本題に戻ろう、今回ご紹介するのはNHKで始まる江戸時代をテーマにした番組「江戸ラヂオ」だ。今までなくかつ斬新なテーマだと思う。また出演者もバラエティに富んでいて面白い。
歴史それも日本史に興味を持っている人は意外と多く、このような歴史を紹介するラジオ番組には向いていると思われる。
筆者はまだ聴いたことが無いが、次回の放送は聴いてみようと思った。

先日も書いたように料理番組などラジオに向かないものもあるが、ある程度テーマに特化した番組が今後は必要になってくるだろう。
アナウンサーやパーソナリティも特化した知識があれば強みになる。
≪関連リンク:ラジオ番組に向かないコンテンツとは?

テーマのある番組はスポンサーも付きやすい。今後そういった細分化されたテーマの持つ番組が増えてくるのではないだろうか。